子どもだけを教育するのはダメなことです。

私たち親が子どもを教育するにあたって望むことというのは多いと思います。

私たちにできなかったことを子どもには出来てほしいという願望や将来は立派な職についてほしいという欲望もあったりするわけです。

果たしてそうしてあげるためにもしてもらうためにも子どもだけが努力を強いられるしかないのでしょうか?

答えは違います。

むしろそれでは子どもを教育することはできません。

願望や欲望だけでは子どもを成長させることはできないのです。

子ども3歳児

子どもにもっとも大切なのは愛情だからです。

愛情がなければ子どもを成長させることはできません。

子どもばかりに強要をすることはよくありません。

そして親も一緒に子どもと勉強をするべきなのです。

なぜかというと親は子どもを見て育ちます。

英語ができない姿を見ては子どもも不安になってしまうのです。

なので全力で私たちも英語の勉強をしなければなりません。

子ども達と一緒に勉強をして一緒にレベルアップをするのです。

そうしたらきっと子ども達も親の期待に答えてくる日がやってきます。

子どもの勉強環境をよくしていくのも親の勤めなのです。