子どもに英会話を覚えさせるのはよいことなの?

さてこんな意見も世の中にはあります。

子ども時代に英語教育をするのはいかがなものなのか?

日本語もまだ喋ることができない2~4歳ぐらいの子ども達に英語を覚えることができるのでしょうか?

とのことです。

日本語ができないうちに英語ができないと思われている方が多いみたいですが、結論から言ってしまえば幼少期に英語をやっておいたほうが英語は大人から学習をした人よりも格段に差がつきます。

英語において大事なのは発音です。

しっかりとした発音を幼少期の頃なら聞き取ることが出来ますからネイティブに近い知識を得ることができます。

しかし大人になってからの英語というのはどうしても出来ないのが発音です。

大人では英語の発音をしっかりと聞き取ることができなくなってしまっているからです。

そしてもっと大事なのは英語教育において勉強を継続することがとても大事になります。

途中で諦めてしまったり飽きてしまったりしてはダメです。

英語はとても楽しい物だということを実感させてあげなければ英語を継続して覚えることは難しいと思われます。

そして環境も大事です。

ネイティブにより近づけるためには英語を覚える環境を作ってあげてください。

例えばリスニングのCDや英語の歌を流して一緒に歌ってあげることとかとても大事になります。

英語を身近なものにしてあげてください。

そうすることが子どもの英会話教育で重要なポイントになるのです。

子ども