もし英語を嫌がってしまったら?

子どもには好き嫌いなものがあります。

もし、英語が嫌いになってしまったらどうすればよいのでしょうか?

英語の楽しさを十分に教えてあげられなかった親に責任があります。

ですが子どもも同じ人間ですから好き嫌いがあるのは当たり前なのです。

英語以外の習い事にも参加をさせてあげたり教えてあげたりしてみてはいかがでしょうか?

直接は英語の教育には関係ない内容でも何かしら繋がりがあるかもしれません。

それは大きな収穫となります。

それを利用してまた英語の勉強に興味を持たせることだって可能なのです。

子どもというのは好奇心旺盛ですから、とりあえず何かしらに触れていたい、遊んでいたいという気持ちが高いです。

まず最初は子どもがしたいようにさせてあげればいいのです。

ただししっかりとした道しるべを示すのはあなた次第ですから、そこはしっかりと見ていなければいけません。

間違った方向に進ませないようにさせるための努力もしていかなければ英語の勉強を教えることも難しいかもしれません。

教育というのは大変おくが深いものですから、間違ってしまってもすぐ修正をできる状態にしなければ難しいのです。