英語を得意にさせるためにも

英語の勉強に苦手意識を持たせてはいけません。

英語が遊びになるくらい子どもを楽しませてあげてください。

しかし、英語だけがすべてというわけではありません。

しつけはしっかりとしてあげなければいけないのも子どもの教育において大切な一部分です。

得意なことは多ければ多いほどよいですが、それを決めるのは子どものわけですから、強要をしてしまってはいけません。

子どもに選択肢をあげましょう。

今日は何をしたいのか?もちろん英語を勉強することも大切ですが、そればかりでは子どもは嫌がってしまいます。

たまには違うことで遊んであげることも大事になります。

早く覚えさせたいと急かしてしまう気持ちもわかりますが、そればかりではいけないということもしっかりと考えておくべきなのです。

遊ばせるときに英語で遊びたいと言ってくれればそれは親の教育がしっかりとなっているという証明にもなります。

そのときは自信を持って英語の勉強をこれからも教え続けてあげましょう。